Verbalization

「まぁいっか」が口癖の僕が、思ったことをちゃんと言語化するための場

2019

2019年になって半月が経とうとしている。

当たり前だけど、新年になったからと言ってなにかが劇的に変わるわけではなく。それは未来に期待しているだけで。

今日、今の時間をどう過ごすかが全てなんだよなぁと改めて思う。

 

今年は

・自分のスキルや知識を高めて、会社ではなく自分の力でお金を得る

・好きなことにもっと時間やお金を注ぎ、そうでないことには時間を使わない

ことをやっていきたい。

 

やりたいこといっぱいなのにやれていないのは、目の前の生活を送るのに精一杯で疲れてしまってつい楽な方に走ってしまったり、

最初の一歩を踏み出すのに必要なエネルギーを出せていないから。

そのエネルギーを持てるように、日々の仕事や自分の精神状態をうまく調整して、好きなことや将来に繋がることをたくさんできたらいいな。

 

そしてこのブログタイトルの通り言語化して発信していく。

今年の振り返りと来年1Qの目標・アクション

    • 4Qの振り返り(年間の振り返り)
      • 仕事
        • プロジェクトはわりと順調ではあった
          • 信頼されるようになった
          • 福岡に行ったり新しいこともあった
        • ただ、会社の中で上から求められているものがなにか明確になるにつれて、自分がやりたいこととのすり合わせを行うのではなく、期待に応えるだけになっている感じはある
      • それ以外
        • 留学に向けて
          • とりあえずIELTSは取得した、スコアもOK
          • 経験者に会ったり、イベントに行ってみたりして、学校のイメージも湧いてきた
          • ただほかは動けず、ポートフォリオはちょこっと書き出した程度
    • 次Qの目標
      • 全体
        • 「自分から」「与える」
          • 周囲からのアプローチではなく自分の行動で環境をつくる
          • 大切だと思う人を大切にする、そうでないなら無理に一緒にはいない
      • 仕事
        • 自分の名刺となるようなworkをつくる
      • それ以外
        • 留学準備
          • 海外でUXやれるなら留学じゃなくて転職でもいいかも
          • いずれにせよ履歴書やポートフォリオは必要なので作る
        • 自分を客観視する、内部の評価だけで自分を見ることから脱却する
          • 1社専業で働いていて「貢献」にフォーカスするのは自分には難しいと思う(どうしても周りと自分を比べたり、評価されることが目的になってしまう)
          • 他にやることがないから何となく仕事してしまう
          • 副業(複業)をやりたい
            • デザインとかUX、できれば英語か中国語使いたい
        • デザイン(スタイリング)の勉強をする・プログラミングの勉強を再開する
          • 1日5分とかでもきめてやる
          • シンプルなサイトかアプリなら作れるぐらいにはなりたい
        • 部屋をきれいに保つ
          • 人を呼べるぐらいには
        • 楽器を吹く
          • 年1ぐらいは人前で吹く機会をつくりたいな
        • bmonsterは引き続き
          • 毎月20回以上行く
        • 投資とかお金系
          • ちょっとずつでもお金つくれるように
  • 総じて仕事も人間関係も良く言えば安定していたし、悪くいうと平坦だったというか、現状の延長線上という感じだった。
  • ブログという媒体をつかって思考をきちんと言語化するのはもう少し定期的にやれるとよいが、スマホのメモとかでやっておいてあとでブログに乗せるだけでいいかも。無理にブログ開こうとするよりは。
  • あとは、来年はちゃんと発信がしたい。仕事のことだったり留学のことだったり。他者の目、批判を恐れないという意味でも。ただ情報を閲覧するだけでなく、自分で発信することで意味のある情報を集めてくる。看板効果。

コミュ力とは

仲の良い先輩とごはんを食べていて、

福岡で常駐しているぼくに対し(いま一時的に帰京中)

「〇〇(私)は中洲に飲みに行ったりしないの?自分だったら絶対毎晩飲み歩いていると思う。まぁ行かなそうだよなぇ」と言われた。

 

飲み屋やバーにふらっと行って、そこでの人との交流を素直に楽しめる人が羨ましい。

自分から人に声をかけて、「何となくお互いの存在は意識しているが、話しかけず気まずい状態」を打開できる人は、それだけでコミュニケーションの豊かな才能があると思う。

自分にはそれが出来ないし、知らない人と楽しく盛り上がるのがそれほど得意ではない。

 

何を話せば良いのかとか、いきなり話しかけられたら怪訝に思われるのではないかとか、自意識が強すぎるのかもしれない。自分は話しかけられて悪い気持ちはしないので、この非対称性はどこから来るんだろう?

 

嫌われたり怪訝に思われても別にいいや、って環境で、まずは少しの勇気を出して話しかけてみることが大事なのかな。福岡でもやろうと思えばできるのかもしれないけど、同じ日本人だからこそ差異をより意識してしまいそうな気もする。

また一人旅でもするか。前回のウズベキスタンの時よりももっと、話しかけたり交流したり、できる範囲でやっていきたいな。

 

 

上の話とは別に、

先輩と話していた時は出なかったが。

話の引き出しが少ない(と自分で思っているだけだが)ので、話を盛り上げられる自信がない、のかもしれない。

 

趣味的なこととか、色々なことをもっと深めるというのは、結果的により良いコミュニケーションに結びつくかもしれないなとは思う。

共通の話題があるというか。最も有名な漫画やドラマ、映画も見ていないものばかりだからなぁ。

 

物事を深く突き詰めた人の方が面白いというのは自分のひとつの持論で、それは何か一つのことを突き詰めることで分野に限らず深い話ができたり、そこに至る過程で積み上げたものが人としての深みに現れたりするから。

 

ということで、オタクになろう。

(飲み歩きよりも、ぼっち万歳)

 

 

再開

10月は一度も記事を書かず、11月も半分が過ぎてしまった。

スマホアプリを入れたので、ツイッターのようにより気軽な気持ちで書いていこうと思う。

文章を書くことに慣れたら、人に見せることを意識してnoteなどで記事を書けたらいいな。そのためには、このブログタイトルと同様、思考を素早く言語化して昇華(消化)すること。考えたことをちゃんと残すことをしていきたい。

 

 

最近思うのは、「どっちが本当の自分なんだろう?」ということ。

 

社会を良くしたい、海外に出て活躍したい、仕事をバリバリ頑張りたい、お金はしっかり貯めて、とかって考える自分がいる。

 

一方で、全てがどうでもよくなり、ベッドの上でひたすらダラダラして、特に見たいわけではないサイトや動画を見続けることもある。

 

エネルギーが枯渇した状態というか。

自分が「こんな人になりたい」と思うような人はそんな様子を見せていないので、焦ることもある。

 

どうするとエネルギーがもっと湧くのか、それを日々の生活の中で保っていけるのか。

 

とりあえず課題感だけ書いておいて、解決策はまた後で考えることにする。

 

 

未来のために努力する

会社員になってはや3年半が経とうとしている。

会社員生活は自分で使えるお金も増えてそれなりに楽しく、また仕事をしていれば充実感や、なにかやっている感を得られる。

 

だが、それが自分の望む未来につながるわけではない。

仕事をしていれば定年などあっという間にやってくる。40年以上、今の場に留まる言い訳を考えながらなんとなく過ごす人生を送りたいわけではない。

ただ現実として時間をうまく作れておらず、この3年間で進展していないのも現実。

 

そのため11時間取り、いまの仕事だけではなく、未来のために自己研鑽する時間を作ることにする。

できれば2時間取りたいが、まずは習慣として定着させることを目指す。

 

具体的な内容は以下。

 

留学の準備

・行きたい理由の思考

IELTS対策

・学校選び、各学校のアプライ期限リサーチ

・エッセイ作成

ポートフォリオ作成

・履歴書作成(英文)

・推薦文の依頼

奨学金のリサーチ・申請

・面接対策

 ー聞かれる内容を調べる

 ー自分なりの答えを考える

・留学経験者へのヒアリング

 ー探し出す

 ーコンタクトを取る

 

デザインの勉強

・ツールの使い方(Illustrator, Photoshop

ユーザビリティが高いだけではなく、魅力的なデザイン

ポートフォリオサイトのデザイン

 

コーディングの勉強

・どんなものを作りたいか考える

Progateを進める

 

読書

・教養を広げるもの

・専門分野のもの

 

ブログ執筆

・考えたことのまとめ

bmonster

bmonsterに行き始めてそろそろ1ヶ月が経つ。

まだ体重や体型にはさほどクリティカルな変化が出ていないが、体型が変わり始めるには3ヶ月かかるというのがセオリーなので、まだまだ焦るべきではないフェーズ。

f:id:aldenter:20180808224050p:plain

 

1ヶ月弱通ってみて感じている最大の価値は、

運動そのものよりも、生活リズムの変化。

 

自分は高校生のときぐらいからずっと、朝どうしても起きられず、遅刻が当たり前になっていた。

会社員生活に入ってもあまり改善されず、9時の定時にいつも数分遅れていくという有様。

 

だがbmonsterは早朝7時からレッスンを受けるので、遅くとも6:40ごろには起きて家を出ている。

そして自転車でそのまま会社に行って朝ごはんを買って、8:30にはオフィスについている。

これは自分の中では奇跡レベルの変化である。

理由としては以下のようなところか。

・月会費がそれなりにする(¥15,000/月)

・プランが月30回と決まっており、使い切るにはほぼ毎日行く必要があるため、残業や飲み会が多くなる夜に定期的に通うのは難しく朝通うことが必須になる

・友人(会社の先輩と後輩)と行っていることによるピアプレッシャー

 

とにかく、3ヶ月は通い続けて引き締まった体を手に入れたいと思う。

人生で初めて腹筋割れるかなあ。

このブログは完全に自分の振り返りや内省のために使っているけど、もう少し発信であったりいろいろな機会につなげるためのブログやnoteがあってもいいのかもしれない。

それにしても毎週のようにブログやnoteを更新している人たちはどうやって時間を確保しているんだろう。結局は好きで得意だから、苦じゃない、書かなきゃとかじゃなくて、書きたい!という気持ちが先行するからできるのかなあ。

自分が寝食を忘れて没頭できることってなんなんだろう。それが今はあまり見えていない気がする。頭で考えるよりもいろいろなことを試してみるのは悪くないとは思う。ただ中途半端にするのではなく一定期間は続けるとか、自分はこれが好きかそうじゃないかわかるレベルまではやってみることは必要そう。

あれやってみたい、これも興味ある、でとどまっている暇があったらさっさと仮説検証しろというか。